ナイナイ岡村さんがうつ病で飲んだ漢方薬


鬱(うつ)病に関しての漢方薬についてご紹介させていただきます。
お笑い芸人のナイナイの岡村さんですが以前、うつ病でお仕事を休んでおりました。その間に漢方薬を飲んでおり、噂によると今も再発しない為に漢方を飲んでいるということも囁かれています。

その岡村さんが飲んでいた漢方は『ツムラ酸棗仁湯エキス顆粒(103)』です。
読み方は「ツムラ103・サンソンニントウ」です。

これはテレビ番組orラジオ番組でご自身が発言されていたものです。

ちなみにこの『ツムラ酸棗仁湯エキス顆粒(103)』の市販ですが医療用となる為に国内の薬局、ドラッグストアでの市販は認められておりません。

ツムラ酸棗仁湯エキス顆粒(103)ご購入こちらから

サンソンニントウとAmazonと楽天の販売店

サンソンニントウですがAmazon(アマゾン)や楽天には残念ながら市販はされておりませんのでご注意下さい。
【効能又は効果】
心身が疲れ弱って眠れないもの

【用法及び用量】
通常、成人1日7.5Nを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。
なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

【添加物】
日局ステアリン酸マグネシウム、日局乳糖、水和物

【剤形】
顆粒剤

この漢方薬のサンソンニントウの本物、正規品は上記からご購入下さいませ。

鬱の発症

ナイナイの岡村さんですが休養当初はうつであることを公表しておりませんでした。
恐らくの理由ですがお笑い芸人という職業の為に、うつという事を公表するのは果たしてどうなのか?という観点から公表を控えていたのだと思います。
ちなみに相方の矢部さんは、ある日楽屋で財布の中を見せながら、「お金がない、どうしよう…」とパニックになる岡村さんを見て、これはシャレにならない状況だから岡村さんに休養させなければと決めたと後に言っています。

それくらい岡村さんは正常ではない状態だったのでしょうね。

岡村さんは非常に真面目な方なので、何かのきっかけで思い詰めてしまい、どんどん深みにはめてしまったのかもしれません。