ドラッグストアに風邪薬を

最近かなり熱っぽく体がだるいので、とうとうドラッグストアに風邪薬を買いに行きました。病院に行くのもいいんですけど、待ち時間も長いですし今の時期ですと、どうしてもより診察までに時間がかかってしまいます。

しかも私は平日働いているので、なかなか行くことが困難です。仕事終わるのも遅いですから。それで風邪薬を買ったのですが、ここで大事なのがうがい薬です。喉がすごく痛いので、やっぱりうがい薬など患部に直接あたるものの方がより効果的かなと思いました。
しかも量も多めなので気兼ねなく使えてしまうのが、嬉しいです。最近は直接うがいスプレーを患部に一吹きするようなアイテムもあると聞きました。いろんな商品が販売されているんだなと感心してしまいます。今日行ったドラッグストアもうがい薬だけで何種類もありますし、鼻に効くものや喉に効くもの等、風邪の症状ごとに細かに薬があるので、どれにしようか迷ってしまいました。店員さんが書いたポップのようなものを見て、特にこれが治りに効くと書いてあったものを選んで買ってきました。

最近ではいろんなポップがあって、それを参考に買うようにしています。昔であれば値札と商品名のみでしたのに、最近は本当に変わってきている気がします。ドラッグストアの店内も昔に比べてかなりカラフルになってきていると感じました。

しかも感心したのが薬剤師さんの数が増えていたことです。処方箋も扱っているドラッグストアが増えたせいかもしれませんが、私にとっては安心材料の一つになるので、嬉しいと今日行ったお店で感じました。店員さんですと薬の効果を聞きづらく、自分の感で薬を決めるしかないのですが、今日みたいに薬剤師さんに気軽に一言だけでも相談できると安心できる気がします。人の意見を聞いた方がより客観的に判断しやすくなると思いました。また風邪をひいたときは利用してみたいです。その前にこの風邪を早く治さなくてはいけないです。