糖尿病と糖分と市販薬

現在日本の中で特に多いといわれている病気のひとつに糖尿病があります。
糖尿病は糖分を多く摂りすぎる為に、糖尿病になると
思われている方も少なくないと思いますが
糖分だけではなく塩分やハイカロリーの食事を摂り続けていると、なりやすい病気です。

糖尿病のしくみですが、人間の体は通常ホルモンである
インスリンの作用で血糖値が安定している状態なのですが
食事などで糖分を多く摂りすぎたりすると、体内の血糖値が
上昇して膵臓からインスリンが分泌され、血糖値が下がり安定します。

しかしながら糖尿病になってしまった場合は
血糖値が上昇してもインスリンが分泌されずに血糖値が下がらず
高血糖状態が続いてしまうという状況になるのです。

また肥満になりすぎるとインスリンの分泌も悪くなるので
糖尿病になりやすいとも言われいます。

この病気を予防するには、日ごろから不摂生な生活を避け
食事もバランスの良いものを食べるようにして、適度な運動をするのが良いでしょう。

糖分が比較的高い、日常的に食べる食事には、お米やパンがあります。
このような穀物類を食べて、さらに甘いものやジュースなどを飲んでいると
摂取する糖分の量も必然的に増加しますので、気をつけましょう。