生理の痛みは抗生物質で

折角日頃からダイエットに励んできたのに、生理前の食欲が旺盛で台無し!
なんて人はとても多いです。
なぜ生理前は、食欲が旺盛になるのでしょうか?
それは、ホルモンバランスによるところが大きいのです。
月経前症候群、所謂PMSの症状のひとつと考えられています。
卵巣から多く分泌される黄体ホルモンが原因でPMSが起こるのですが
この時期に出血などが同時に発生するので、身体は栄養補給を積極的におこなうようになります。
妊娠の準備の為に、細胞に水分と塩分を蓄え、脂肪の代謝を遅らせるように働くのです。
この為に生理前は食欲を感じることになりますし
少しの摂取でも吸収率が高いとされているので、太りやすくなってしまいます。

これが、むくみ、便秘、肌荒れの原因になるのです。
でも、それほど心配はいりません。
この時の体重変化が、1キロ~3キロの範囲であれば、余程多くの油分を摂取していない限り
この体重の増加は水分によるところが大きいからです。
この時期に身体が吸収する水分の量は、なんと2000mlにもなるのです。
単純にいつも通り水分を取るだけでも2キロ体重が増えることになります。
これは一時的なものですので、太ったと思うのは間違いであるといえます。