妊婦の健康と市販薬

妊婦さんには是非青汁がおすすめと言われている理由について説明します。
妊婦さんはバランスの取れた食事を特に心掛けてもらいたいもの。
その理由は妊娠中にはお腹の赤ちゃんに必要な栄養素も採り入れなければならず
鉄分に至っては、妊娠中期以降は普段の目標値10mgに対して約二倍の19.5mgとされています。
大麦若葉やケールを原料とする青汁には鉄分が豊富に含まれていますのでその有用性が理解できます。

また、その他にも妊婦さんに必要な栄養素が青汁にはたっぷりと含まれています。
たとえば葉酸です。 葉酸不足は流産の可能性を高めたり、お腹の赤ちゃんの健康障害にも影響します。
カルシウムも同様に青汁にはたっぷり含まれています。
妊婦さんは胎盤から赤ちゃんへ毎日大量のカルシウムを届けています。
その量なんと150mgなので
妊娠中には通常の目標値600~700mgに300mgプラスしての摂取目標値が掲げられています。
カルシウムの特徴のひとつには食品からの吸収率があまり高くなく
高いと言われている牛乳でさえ40%に留まるというデータがあります。
従って手軽にカルシウム補給のし易い青汁でカルシウム不足を補うのは賢い選択です。