女性の性病

女性の性病には、さまざまな種類があります。中でも感染リスクが高い性病をピックアップしてご紹介します。

まず「性器クラミジア」は、治療せずに放置しておくと
体内深部にクラジミアが進行して、子宮頸管炎や子宮内膜炎
卵管炎、さらに進行すると骨盤腹膜炎や肝周囲炎
卵巣炎を起こして、子宮外妊娠や不妊を引き起こす可能性のあります。

感染した状態で出産を迎えると
産道感染によって新生児が結膜炎・肺炎を発症するリスクも高まるので早期発見が大切です。
自覚症状が現れにくいといわれていますが、おりものの増加や下腹部痛
不正出血、性行為時の痛みを感じたら、感染を疑ってくださいね。

次に「淋病」は、1回のセックスで感染率が30%前後と非常に高く
無症状のことが多いので、知らないうちに感染していることがあるのが怖いところ。
何もせずにいると不妊症や子宮外妊娠の原因となることが考えられますので、注意が必要です。

また「膣トリコモナス症」は、泡状で悪臭が強いおりものが増加したり
外陰部や膣の強いかゆみなどの症状が出るので、比較的気が付きやすい性病の1つ。

子宮頸管や膀胱、尿道へ感染すると、不妊症や早産、流産を引き起こす可能性があるので
異変を感じたらすぐに専門医を受診するようにしてください。