二重顎と市販薬

二重あごになっている人は、なぜ二重あごでない事を深刻に本当に望むようになるものなのでしょう。
外見的な変化を切に願う人は少なくないといいます。

見た目に影響が大きい二重あごですが、実は見た目だけでなく
二重あごは病気の原因になることもあると言われている場合もあります。

顎を引っぱっている筋肉が二重あごの重みに耐えきれなくなると
気を抜くと口が開くようになります。

本来は口を閉じ、鼻で息を吸って吐くように作られていると言われているようです。
鼻の奥の粘膜には、体に侵入しようとするウイルスを
キャッチして外に排出しようとする機能が元々備わっています。

口から入った空気はのどから肺へ、何にも遮られることなく入っていきます。
空気の中にウイルスなどが混じっていると、そのまま体に侵入します。

こういう風になってくると自分でというよりも専門の医者に診てもらうのが無難。

二重あごは免疫機能の働きのあるリンパの流れにも関わっています。
風邪が長引くようになった理由が、二重あごにあるという人もいるといいます。
睡眠中に口呼吸を行うと舌が下がり、呼吸器官を圧迫することによりいびきや
無呼吸状態を生む原因にもなります。

外見を気にしない人は、二重あごをそのままにしていることもあるでしょう。
健康のために二重顎ついて考えてみてはどうでしょう。