アクトス錠の副作用

アクトス錠を服用することで貧血や血圧上昇、動悸など
血液の流れに関連する副作用が出る恐れがあります。

吐き気や嘔吐、顔面潮紅なども報告されていますし
軽度なものだと頭痛や眠気、倦怠感、食欲が出ないなどの症状も稀にあるようです。

体重の増加、糖尿病網膜症の症状に進行が見られるなどがあったら要注意。
心不全、浮腫、肝障害、黄疸、低血糖、胃潰瘍
間質性肺炎などによってそれぞれの疾患に相当する症状が出ることがありますが
もしそれを少しでも感じたらアクトス錠を飲むのを控えましょう。

その上で病院に行き、適切な指示を仰がなければなりません。


これらの副作用が出る恐れがあるため、心筋梗塞や狭心症など
心臓に何らかの疾患がある場合には服用自体に慎重になる必要があります。

また、肝臓や腎臓に機能障害がある場合も服用は慎重に。
低血糖を生じさせる可能性が高いため、栄養が十分ではない人
食事の量が極端に少ない人、激しい運動をした時
アルコールを多く摂取している時や人なども服用には十分に注意しましょう。
インスリンなど、他の薬物と一緒に服用することで重大な副作用が
出るかもしれないのがこのアクトス錠。他の薬との併用も必ず医師の指示のもとで行いましょう。